エコアクション21地域事務局 やまぐち

メニュー
 地域事務局について
 
●お知らせ
 ●エコアクション21導入セミナー
 ●エコアクション21とは
 ●エコアクション21のメリット
 ●認証・登録手順/コンサルティング
 ●エコアクション21普及プログラム
 ●認証・登録費用
 ●助成・優遇制度情報
 ●ガイドライン・規定・申請書類等
 
●地域事務局運営要領・規定

 ●リンク


 NPO法人環境共生機構

 学校法人香川学園
     宇部環境技術センター



 

●エコアクション21のメリット
★環境経営システムと環境への取組、環境報告の3要素がひとつに統合されたガイドラインであることから、環境への取組を総合的に進めることができ、また比較的容易、かつ効率的に取り組むことができます。
 
エコアクション21を構築・運用することにより、環境への取組の推進だけでなく、経費の削減や生産性・歩留まりの向上、目標管理の徹底等、経営的にも効果をあげることができます。
 
環境活動レポートを作成し、外部に公表することにより、利害関係者(取引先や一般消費者等)に対しての信頼性が向上します。また、大手企業や行政機関が環境への取組や環境経営システムの構築を取引先の条件の一つとする、「サプライチェーンのグリーン化」に対応することができます。
 

●エコアクション21とISO14001の比較
エコアクション21 ISO14001
マネジメントシステム ・環境省が定めたガイドライン(要求事項13項目)に基づき構築。様式・基準が定められているので比較的簡単に構築できる
・国際規格(要求事項17項目)に基づき構築。様式・基準は独自に定める必要があり、体制や文書管理など厳しいシステム構築が要求されている

環境 ・環境負荷削減が直接の要求事項
・負荷削減・取組内容のチェックシートあり

・環境負荷削減は直接の要求事項ではない
・チェックシートなし


経済 ・商取引に有利
・国際取引に通用しない
・光熱水費などの削減効果が大きい
・業務効率化による経費削減
・審査、認証登録料が安い
・商取引に有利
・国際取引に通用する
・光熱水費などの削減が直接要求されていないので、効果が少ない
・業務効率化による経費削減
・審査、認証登録料が高い
社会 ・環境活動レポートの作成・公表
・認知度が比較的低い
・環境報告書なし

・認知度が高い